天野明美
あまのあけみ

Untitled image.jpg

「人形」という言葉は室町時代にできたそうですが、「ひとがた」という言葉で命を宿したものという意味があるそうです。
だから動物でも野菜でも、命のあるものの「かたしろ」を作るという意味で「人形」はあると、尊敬する先生から伺いました。
これから、もっともっと、命の輝きを追いかけて仕事をしていきます。

陶歴

 

京都工芸美術作家協会員

京都の焼き物や伝統文化を

次の世代に伝える活動をしています。

​​1989(平成元年)

京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業し、

デザイン基礎研究所にデザイナーとして勤務

1993(平成5年)

京都市立西京商業高校に美術科教論として勤務

1995(平成7年)

京都市立堀川高校に美術科教論として勤務

1997(平成9年)

教諭職を辞職し、メキシコに渡る。

滞在中にグループ展〝HABITACION DE FAMILIA”に参加(メキシコ・ハラパ市)

1998(平成10年)

メキシコから帰国。

2003(平成15年)

京都府立高等技術陶工専門校図案科に入学

2005(平成17年)

京都府立高等技術陶工専門校図案科を卒業

2006(平成18年)

第38回青窯会作陶展にて商工会議所会頭賞受賞

2008(平成20年)

グループ展「さいしょのいっぽ」に参加(アートサロンくら・京都市)

2009(平成21年)

作陶展「天風(あまつかぜ)」を主催。

造形作家として本格的な活動を開始。(高島屋美術工芸サロン・京都市)

2011(平成23年)

京都府・トスカーナ州主催「京の伝統産業若手デザイナーイタリア派遣事業」に選出される。

2012(平成24年)

  • CERAMICHE LEONA(フィレンツェ・Montesupeltori)にて研修中に、トスカーナ州出展事業「フィレンツェ国際工芸品展(ARTI-GIANATO2012)」に作品を出品(イタリア・フィレンツェ市バッソ要塞)

  • イタリアより帰国後、作陶展「こころの中に住まうもの」を開催(ギャラリー中井・京都市)

2013(平成25年)

  • 作陶展「ちいさな春の玉手箱」を主催(大丸京都店美術工芸品売場・京都市)

  • 京都府主催「京都オークション」に出品 

2014(平成26年)

  • グループ展「UN PONTE AEREO」に参加(ギャラリーYDS・京都市)

  • 京都府庁第8回連続講座・京都の伝統産業の講師を務める

  • 第36回京焼・清水焼展にて京都市長賞を受賞

  • 青窯会展にて京都陶磁器協同組合連合会賞を受賞

2016(平成28年)

作陶展「つちことば」を主催(ギャラリー中井・京都市)

2017(平成29年)

第49回青窯会作陶展にて京都陶新聞社賞受賞

2018(平成30年)

  • 第50回青窯会作陶展にて京都銀行頭取賞受賞

  • ​作陶展「うぶすな」を主催(ギャラリー中井・京都市)

2019(令和元年)

  • ​第2回野外陶芸作家展に参加(堂本印象美術館)

2021(令和3年)

  • 天野達夫・明美・光生作陶展「呵呵(かか)」を主催(ギャラリー中井・京都市)

  • 紅椿それいゆ主催の「オンライン工芸展2021」に参加